特殊波動方式とは?

plse_graph
特殊波動方式って何?

弊社の開発した特殊波動方式とは
従来の単純な音(爆音器、ディストレスコールなど)や超音波ではなく鳥獣が嫌う不規則なパルスをプログラム上で生成し、害鳥獣へ向けて毎回異なった高速パルスを浴びせる事で鳥獣を寄せつけなくします。

特殊波動方式を使用した製品の特長

●吃驚(びっくり)効果で効果が高い!
立ち上がりの早いパルスをマイコンで毎回生成しているので、
動物の音に対する反応速度を超え動物はビックリに対応できません。
他の装置と比べて吃驚の効果が違います。
発生する音は超音波帯域も含む、広域な発音特性にて様々な生き物に効果が実証されています。

●慣れにくい!
単純な電子音や爆発音と異なり同じ音やパルスを繰り返しません。
毎回ランダムなパルスを発生させているので対象動物の「音」に対して学習する『慣れ』を防止するので効果が持続します。

●環境にやさしい!
省電力での作動が出来る為、乾電池で2~3ヶ月の長寿命にて運用が可能です。
(使用環境や発生状況等の条件により異なります)
また、指向性の高いスピーカーを使用して対象動物に向けて効果的に発生させながら
周囲の環境に騒音を撒き散らさないように設置方法、パワーを設置環境に合わせてご提案しています。

比べて納得!他の音声出力機器との違い

爆音機
爆音機は一般的にプロパンガス等を使用して爆発音を発生させる大音響による忌避機。
至近距離にいる野鳥・野生動物に効果が認められ古くから田畑で使用されることがありましたが発生するするタイミングを鳥獣が学習してしまい、効果が持続しづらいと言われています。また爆発音が大音量であったり、爆発させるという安全性のために設置できる場所はかなり限定されます。(一般市街地での使用が難しい)

ディストレスコール機器
ディストレスコールとは鳥が天敵に捕獲されたり襲われた時に発声するけたたましい鳴き声(悲鳴)。
この悲鳴を録音再生したり擬似再現する装置を使いディストレスコールを発生させ、対象の鳥獣を追い払う。
繰り返しの使用に対し、鳥獣が「これは異常事態ではない。大丈夫だと学習して慣れてしまうため、効かなくなると言われる事が多い。また人にとっても騒音問題だけでなく、悲鳴という不快な環境を作り出してしまいます。
例)TVなどの検証番組でカラスの悲鳴をカラスに聞かせると逃げるかどうか?などの実験結果、最初は逃げる事はあるがそのうち知らん顔で平気になってしまう。といった結果がでています。

忌避音声出力機器
野鳥・野生動物に対して嫌な音を発生して追い払うという機器で、上記のディストレスコール機器も一般的定義としては含まれます。機器メーカーによっては大音量に反応して逃げる事もありますが、やはり慣れてしまい効果が持続しなかったり、設置場所によっては周辺住民から騒音と苦情が入ることもあるようです。

超音波発生機器
信号発生器による超音波発生(対象動物の嫌がる特定の周波数を発声)させる機器。
人間の耳には聞こえない、聞こえにくい周波数の為、効果の確認が難しい。長期間の使用で効果は得られる報告もありますが、発生出力を大きくすると人間の耳には聞こえなくても周辺環境には影響を与える可能性もあるので使用できる環境を選びます。

 

いずれも一長一短があったり、効果が薄かったり継続しなかったり・・・
そこで弊社が開発し国内の自社工場で製造している特殊波動方式なのです!

 

上記のタイプで言えば音声出力(忌避音)タイプに属しますが
実際に発生させている音声内容が従来の単純な音(爆音器、ディストレスコールなど)や超音波ではなく鳥獣が嫌う不規則なパルスをプログラム上で生成し害鳥獣へ向けて毎回異なった高速パルスを浴びせるので慣れが生じにくく効果が持続するのです。

動画再生10秒後に「ジーッジーッ」と弊社の特殊波動方式で生成された忌避音が発生します。
その10秒後正面の林から約40~50羽のカラスが音に嫌がり一斉に逃げ出します。
(※10秒の時間差は距離による音の伝導の時間差です)
その後、林の上を何度か旋回し様子を伺っていましたが戻る事なく逃げました。

Copyright 2016 acar co.,ltd
  • 【バードプロテクター導入先】姫路市・富山市・浜松市・さいたま市・越谷市・江戸川区・多摩市・八王子市・豊田市・吉川市・草加市・甲賀市・千葉市・石巻市・女川町・北九州市・草津市・播磨町 他【順不同】